そこはかとなくサウナと銭湯巡り

のんびり銭湯とサウナを巡ります

三代目鎌倉殿 源実朝と温泉の和歌

鎌倉幕府 三代目将軍 源実朝。鎌倉殿。

歌人としての一面も持ち、勅撰和歌集に多数入集。

温泉にまつわる和歌も複数詠んでいる。

國文学名家肖像集 より

 

実朝と伊豆の走り湯

走る湯の 神とはむべぞ 言ひけらし 早き験の あればなりけり

伊豆の国 山の南に 出づる湯の 速きは神の 験しなりけり

わだつみの 中にむかひて いづる湯の 伊豆のお山と むべもいいけり

 

実朝が詠んだ伊豆山の走り湯についての歌だ。

 

伊豆山温泉にある洞窟の中から源泉が湧出する「走り湯」。

日本三大古泉とされ、修験道の霊地とされることから伊豆山権現走湯山権現)の信仰が生まれた。

実朝の祖父である源頼朝は、伊豆山権現で源氏再興の祈願をしている。

 

実朝と熱海温泉

都より 巽にあたり 出湯あり 名はあづま路の 熱海といふ

 

箱根権現から伊豆山権現へと至る「二所詣」の過程で、大湯間歇泉にて実朝が詠んだ歌だ。
湯前神社に歌碑も立つ。

 

参考文献 / 参考サイト

 第31話「熱海ゆかりの実朝の歌」|熱海市公式ウェブサイト (atami.lg.jp) 
走り湯|観光・体験|あたみニュース - 熱海市観光協会 公式観光サイト (ataminews.gr.jp)
「走り湯」ってどんなもの? 源頼朝・源実朝の隠し湯、伊豆山温泉、豊臣秀吉が15年で9回も訪れた有馬温泉(婦人公論.jp) - Yahoo!ニュース
 

 

竜宮閣 | 熱海市 | 温浴レポートNo.62

友人と伊豆熱海旅行!

帰りの新幹線の前に日帰り温泉に入ろうと決意。

熱海駅近くの「竜宮閣」さんの事が、観光時に見つけた時から気になっており、電話で日帰り入浴できるか確認。

日曜夕方の17時半頃だったが、「今なら大丈夫ですよ」と返事をいただき、Go!

 

歴史を感じる渋く逞しい建物が。

※友人が映っているのでワンちゃんで隠し

 

そう、ここが竜宮閣。

旅館ですが、日帰り温泉も出来るみたい。

 

受付で1人1000円をお支払い。

貸切30分の仕組みとの事。

タオルを1人あたり2枚もいただいた。ありがたい。。

説明を受け、浴室がある建物の地下へ向かう。


脱衣所に入るとすでに熱気が!!

蒸しサウナ状態でここから体が温まり始める....。

 

お風呂場の扉を開けるとレトロ感あふれる素敵な空間。

更に熱気にあふれている。浴槽に入る前から熱い。うおおお。

カランは2つ。ボディソープ等の備付けあり。

 

お湯はもちろん掛け流しの温泉。加水もしていない熱々のお湯。

とっても熱々。あちちち。熱海で3湯に入ったが、ダントツで一番熱い。

でもエイヤッで入ると意外と大丈夫。

と~っても体がポカポカに。これが熱海の温泉か。

源泉は76℃程だトカ。

浦島太郎と竜宮が描かれたタイル絵もとても素敵。

 

極楽極楽。お肌はヌルヌルに。

貸切30分なんて時間的に全然大丈夫ね。

もう、たまらない空間ね。

 

精一杯堪能し、体を拭いて退館準備!

階段の感じも懐かしい。おばあちゃんの家を思い出してしまう。

 

帰り際に、施設の方と少しお話。

旅館として開業してから80年の歴史を持つ温泉なんだとか!

お風呂場のタイル絵は開業当時から80年間ずっと使い続けている。

旅館の前はお蕎麦屋さんの建物だったようで、今も少し名残が残ってます。

その頃も含めれば、もっと長く存在しているみたい。

 

また、有名人のサインも多数。

映画「火花」の撮影を近所でした関係で、スタッフやキャストが竜宮閣で休憩したらしい。菅田将暉桐谷健太のサインも。

ここに写真を載せようと思ったものの、やはり是非現地で!

 

熱海に訪れた際はぜひ!!!

お風呂は2つなので、行く際は事前確認をお忘れなく!

 

◆施設情報◆
住所   :    静岡県 熱海市 田原本町 1−14
料金   : 1000円~
 
◆近隣施設の温浴レポート◆

 

平和湯 | 川崎市 | 温浴レポートNo.61

川崎市の平和湯さん。

川崎駅から自転車で10分弱。徒歩だと20分くらいかしら。

かっこいい「ゆ 平和湯」の文字が目印。

 

下調べもせず、ふらっと訪問。
受付で入浴料500円とサウナ代100円を支払い、いざ!

 

お風呂

カランはケロリン。体を清めて浴槽へ。

まず「麦飯石の湯」で体を暖め、ボディマッサージや座風呂で更に温まる。

ああ、気持ちいい。

薬湯もあり。緑色のお風呂だったが、何湯だったか忘れちゃった。

 

サウナ

入口前にヴィヒタ。

そして、めっっっちゃキレイでお洒落なサウナ室!

木々が香り、すごくいい気持ちに。

6人ほど座れるだろか、着席人数のわりに広く、のびのびと過ごせる。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

平和湯♨️川崎(@peace_yu2020)がシェアした投稿

 

80℃弱の室温だったが、5分に一度の自動ロウリュで湿度あり。

しっかり大きな汗が流れていく。

珍しいデジタルの12分計。砂時計型の16分計もあり。

 

しっかり蒸されて水風呂へ。

 

水風呂と休憩

15℃程の水風呂。
火照った体がしっかり冷える。

休憩スポットとして、内湯と脱衣所に椅子が1つずつ。

内風呂のプラ型のイス。ヴィヒタスプレーがあり、好みで利用できる。

脱衣所はインフィニティチェア。扇風機もあり。

体と気持ちをイスに託し、一瞬で楽園に。。最高。。

ここにもヴィヒタ。サウナ愛を感じる。

 

お風呂もサウナも気持ちいい施設でした!

 

◆施設情報◆
住所   :    神奈川県 川崎市 川崎区渡田新町2-5-5
営業時間 : 14:30~24:00 ※日曜は12:00から
料金   : 500円(サウナ代100円)
詳細   : 平和湯 | 【公式】神奈川の銭湯情報 (k-o-i.jp)
 
◆近隣施設の温浴レポート◆

 

 

寿湯 | 大田区 | 温浴レポートNo.60

大田区の寿湯さん。

京急蒲田駅から歩いて数分。梅屋敷駅との間くらいにあり。

暖簾はすみっコぐらし!


受付で料金を支払い入場。タオルを忘れたので一緒に購入。

キャンペーン中の各種スタンプは自分で押すスタイル。

 

お風呂

カランはケロリン。持ち込んだボディソープやシャンプーで体を清める。

お風呂は中央に円形の浴槽がドーンと。

大きく5つに分かれており、「座風呂」「低温風呂」「バイブラ」「高温風呂」「電気風呂」があった。

低温でも40℃ほどあり、しっかり体が温まる。

好きな順に自分のタイミングで回ると吉ね~。

 

サウナ

無料サウナあり。ありがたい。。

しっかり演歌がBGMとして流れるサウナ室。

温度を確認していなかったが、熱すぎないので80℃程だったのかしら。

5,6人は入れる広さ。

水風呂は無いので、体を冷やしたい方はシャワーを使おう。

 

 

◆施設情報◆
住所   :    東京都 大田区 蒲田 3-8-6
営業時間 : 15:30~23:00 ※月曜は定休日
料金   : 500円
詳細   : 大田区の銭湯 | 大田浴場連合会公式サイト | 寿湯 (ota1010.com)
 
◆近隣施設の温浴レポート◆

 

別府 浜脇温泉での湯治中に家督を継いだ戦国大名「大友宗麟」

戦国を代表するキリシタン大名「大友宗麟」

名は大友義鎮(よしかげ)だが、法号の宗麟で知られる。
洗礼名はドン・フランシスコ。

 


江戸時代初期に書かれた『大友興廃記』に湯治の記述が残る。

宗麟が二十歳の頃、父の義鑑は義鎮の異母弟である塩市丸に家督を譲ることを画策して、傅役の入田親誠らと共に義鎮の廃嫡を企んだ。

1550年2月、父の義鑑は宗麟を別府の浜脇温泉へ湯治に向かわせた。
義鑑は家督を宗麟の異母弟である塩市丸に譲ろうと考えていた。

宗麟が浜脇温泉で湯治する間を利用し、宗麟派を粛清する計画をしいていたが、義鎮派重臣が察知し反撃。

2月10日に塩市丸とその母は殺害され、義鑑も負傷し2日後の2月12日に死去。「二階崩れ変」である。

結果、宗麟が家督を相続し、大友氏二十一代目の当主となる。

 

温泉での湯治中に家督を継いだ稀なエピソードである。

 

ほかの歴史とフロの記事

 

底倉温泉 函嶺 | 箱根町 | 温浴レポートNo.59

箱根町の 底蔵温泉 函嶺 へ。
貸切のみの営業と聞き、事前に電話予約して訪問。


1時間の利用で1人1500円。友人と3名で訪問。
受付でお支払い。


浴場は建物の外にあり。丁寧にご案内いただく。
サンダル履いて、移動して、もうワクワクするね。


えいッと着替え、いざ!

 

 

竹に囲まれた露天風呂。。
目の前に立てもももなく、自然が広がる気持ちいい絶景。。
心行くまで温泉を満喫できる。
温度は熱すぎず温すぎず、絶妙で長居しやすい。
泉質はナトリウム-塩化物温泉。

 

ちなみに桶はもちろん木製。
箱根神社のマスもあり。

 

お風呂あがりはのんびり休憩。
スタッフさんに伺ったところ、この病院を改築した建物なんだとか!
ところどころ病院時代の要素や面影が残っております。。その目で是非!

 

いい湯でした!

 

 

 

近くに足柄牛が食べれるお店が!
孤独のグルメにも登場した「いろり家」さん。


やわらかくて美味しすぎました。


おしまい

◆施設情報◆
住所   :   神奈川県足柄下郡箱根町底倉558
営業時間 : 10:00-16:00
 
◆近隣施設の温浴レポート◆

 

山形屋旅館 | 箱根町 | 温浴レポートNo.58

箱根町の山形屋旅館へ。
現在は旅館業は営業しておらず、日帰りの温泉のみ利用可能。
スタッフ不在のセルフ型



館内に入ると、セルフについての記載がある。
「本日の入浴受付はセルフ~」の書きっぷりだったので、スタッフが居る日もあるのかしら。
入浴料500円を受付の投函ポストへ。
尚、館内もお風呂場も撮影禁止との事で、以降は写真なし!
と~っても雰囲気ある施設なので、ぜひご自身で足を運んでほしい。

 

旅館の面影を感じつつ、浴場へ向かう。
節電中で館内は暗め。でもラジオがかかっていて怖くはないよ。

 

お風呂

洗い場が2人分あるが、シャワーもカランも出ない!
よく見ると説明書きがあり、シャワーは利用できない仕組み。
源泉の温泉をしっかり味わってもらうため、浴槽のお湯を風呂桶ですくう。
ボディソープやシャンプーはあるよ。

お風呂は3人ほど入れる浴槽。
この日の温度は43.4℃。しっかり熱い!!
そして、すんごい気持ちいいぃぃぃ~!!!!!!
くわぁぁぁああっと身体の疲れをほぐしてくださる。
源泉かけ流し。ほんま最高。。
これが秘湯ってやつなのか。
硫黄が香る温泉。箱根七湯の1つである芦之湯温泉である。
芦之湯温泉は箱根で唯一の中性の硫黄温泉なんだとか。

 

熱くて10分ちょっとで上がる。その後も体はポカポカ。
車に戻ると、体がすべすべになっている事に気づく!すご~!
"美肌の湯"とは、まさに。

 

ありがとうございました!

 

◆施設情報◆
住所   :    神奈川県足柄下郡箱根町芦之湯91
営業時間 : 9:00-21:00
 
◆近隣施設の温浴レポート◆

準備中!

 

銭湯サポーターフォーラム2022 へ行ってきました!

年に一度の「銭湯サポーターフォーラム」。

コロナ禍で中止が続いたが、2022年10月1日に3年ぶりの開催。

ありがたい事に当選し、行ってきました。

200人の応募に対し、400人以上の応募があったとか。

会場は大田区産業プラザPiO。

 

入口には東京都浴場組合の「ゆっぽくん」がお出迎え!うれし~!

 

受付を済ますと、物販ブース。
開場から15分遅れて入ったが、既に大混雑。

銭湯漫画家の「さくらいま」さんの本を買い、丸山清人氏の手書き品を購入!
このあたりは別途書きます!

 

そして、ホールでは開会前から丸山清人氏のライブペイントが実施中。お孫さんもサポート。

 

丸山清人氏クイズも同時に開催

 

13時50分になると、開会。
司会は風呂わく三さん。
開会の辞は東京浴場組合の理事長であり、はすぬま温泉の経営者である近藤さん。

 

まずは、横浜都市発展記念館・調査研究員の吉田律人氏による講演。
「京浜地域と北陸銭湯人の系譜 ―忘れられた同郷者ネットワーク―」が始まる。

京浜の浴場業には新潟、石川、富山出身者が多く関わってきた話であるが、講演中は写真や録音はNG。詳細は控えます!公開された論文があれば読みたい。

とっっても貴重なお話でした。最後に10秒間の写真タイム。

 

続いて、銭湯お遍路440軒達成者の表彰式。
3年分を一挙に表彰。達成者の皆様すごすぎます。

 

続いて東京1010クーポンのお知らせ。
からの10分間の休憩。このゆっぽくん、めちゃんこ可愛い。

 

同時に、ライブペイントが完成。
わずか2時間半ほど。言わずもがな素晴らしすぎる。
丸山さん曰く、今まで一度も完璧な富士山を描けた事はないという。
この言葉が刺さりました。

 

休憩時間が開けると、銭湯経営者Q&Aコーナー。
和気あいあいと、楽しい話を聞けました。

 

イベントもいよいよ終盤。
全員当たる抽選会。
抽選担当は銭湯OLやすこさんとステファニーさん。
私はラベンダー湯タオルでした!

 

目玉は先程完成した丸山清人氏の銭湯背景画。
これは全員参加のジャンケン。
見事勝ち取ったお方、おめでとうございます!

 

最期に佐伯さんによる閉会の挨拶。三本締め。

とっても楽しいイベントでした!!

こういうリアルコミュニケーションの場はやっぱり良いね。

また来年も参加したい!当選しますように! 

 

明智光秀と温泉と風呂

織田信長の家臣であり、三日天下の明智光秀。

今回は光秀に関するお風呂エピソード。

 

明智光秀と山代温泉

戦国時代の1565年5月、明智光秀が加賀国(現:石川県)の山代温泉へ湯治の為に来浴されたとされる。

1565年というと、まだ光秀が朝倉家に仕えていた時だろうか。

10日間、山代温泉に浸かり、小瘡が完治。

『明智軍記』にその記載が残っている。

 

山代温泉は約1300年の歴史を持つ。

725年、に行基が霊峰白山へ修行に向かう途中、一匹の烏が羽の傷を癒している水たまりを見つけた。これが今に受け継がれているという山代温泉という。

また、この烏が八咫烏とされ、人々は「烏の湯」と呼んでいたとも。

 

死後に生まれた明智風呂

1582年6月21日、光秀は本能寺の変で信長を破る。

余談だが、現代では6月2日になるとSNSで本能寺の変のツイートを見かけるが、6月2日は旧暦であり、西暦ベースだと21日だ。毎年気になっている。

その後の山崎の戦いで光秀は羽柴秀吉に敗れ、本能寺の変から僅か11日後に死没。


画:月岡芳年 (中央の主役は光秀を狙う村人。光秀は左奥...)

 

光秀の死から5年後、光秀の叔父であり、塔頭・大嶺院の「密宗宗顕(みっそうそうけん)和尚」が、光秀の菩提を弔うために「妙心寺」に浴場を創建した。これが通称「明智風呂」と呼ばれる。

墓ではなく浴室にしたのは「主君織田信長を討った逆賊という汚名を洗い流したかったから」という説があるとか。

また、光秀が討たれたとされる6月14日(旧暦)には毎年風呂を開放して「施浴」を行い、入浴に際して光秀の位牌に合掌し冥福を祈ったとされる。

当時のお風呂は蒸し風呂であり、現代でいうとサウナに近い。

明智風呂は現在は使用されていないが、期間限定で公開されている事もあるので、タイミングがあれば是非。

 

 

みっちゃんの生前の温浴エピソードあまりないわね。。

明智軍記をちゃんと読んでみますか。創作と言われがちなので、史料としてはアレですが。

何かあれば、追記しま~す!

 

参考文献 / 参考サイト

山代温泉について|山代温泉観光協会 (yamashiro-spa.or.jp)
浴室 | 参拝・拝観 | 境内のご案内 | 妙心寺 (myoshinji.or.jp)
湯は、汚名を洗い流す。 | 湯道百選 (yu-do100.jp)
京都の妙心寺にある「明智風呂」のいわれについて資料はないか。 | レファレンス協同データベース (ndl.go.jp)
  

 

千寿の湯 ホテル千畳 | 和歌山県 | 温浴レポートNo.57

和歌山県 白浜町のホテル千畳。

 

宿泊はもちろん、日帰り温泉の利用も可。温泉プールもあるよ。

敷地内の湯元がある。オリジナルの白浜温泉「千寿の湯」。

 

コロナ対策なのか、お風呂は事前予約の30分入替制。。

一度に10組までの制限がある。

フロント横の紙に事前に部屋番号を記載して、予定の時間に入る仕組み。

ただ、2泊したものの10組が埋まる事は一度もなかったので、あまり心配しなくてもよいかも。

お風呂は「大浴場」と「露天風呂」は別に存在し、予約も別。

 

お風呂(大浴場)

大浴場へは専用の小径を通って向かう。洞窟風でおもしろい。

 

内湯は大きな湯舟。

お湯は白浜温泉。日本三大古湯のひとつ。

日本書紀に登場する温泉であり、斉明天皇や持統天皇、中大兄皇子が来浴されたとされる。

白浜温泉は多数あるが、場所ごとに泉質が異なるように思う。

ここのお湯は硫黄香る温泉で海近くともあり、塩の感じもある。

 

露天風呂からは千畳敷の端がちらっと見える絶景。

インフィニティ露天風呂だ。

波の音を楽しみつつ、体を癒す。

 

サウナ(大浴場)

92~98℃のサウナ室。

10名ほど入れそうだが、コロナ対策で最大2名まで。

ただ、貸切状態だった。

全面がガラス張りになっており、狭い気持ちにならない。

 

水風呂&休憩(大浴場)

2,3人が入れそうな水風呂。

水温計はないが、体感20℃ほど。

水は継ぎ足され続けるタイプ。

 

休憩イスやスポットはないが、露天風呂の脇に座って外気浴できる。

和笛が気持ちい和風なBGMが流れており、より落ち着いた心へ。

波と風の音がさらに心に響く。

 

お風呂(露天風呂)

大浴場にも露天風呂があるが、独立した露天風呂が別途存在。

露天風呂「黒潮の湯」だ。

同時に5組まで利用できる。

外にある通路を通って専用の建物へ。

洗い場なし。お風呂のみ。

大浴場と比較し、より海側に近い露天風呂。

場の雰囲気も相まって、さらに温泉を強く味わえる。

看板に「葉っぱさんや虫さんも温泉が大好きです。もしよってきたら、そっとかえしてあげてね」が記されており、優しい世界。

数日後に台風が迫るタイミングだったため、千畳敷は大いに荒れており、海の波としぶきを大迫力で味わえた。

 

宿泊施設のアレコレ

ホテルには、プールやマッサージ、漫画コーナーやゲームコーナー、キッズパークもあり。家族連れが多い印象。

夕食も朝食も海鮮中心のバイキング。これまたおいしい。

 

千畳敷

千畳敷は白浜町の名勝のひとつ。

何千万年の愛大に削られた岩場が千畳ほどになっている。

波が大荒れで分かりづらいけども。

 

◆施設情報◆
住所   :    和歌山県田辺市本宮町渡瀬45-1
詳細   : 【公式・ベストレート】湯快リゾート ホテル千畳<プレミアム>|南紀白浜温泉 (yukai-r.jp)
 
◆近隣施設の温浴レポート◆