そこはかとなくサウナと銭湯巡り

のんびり銭湯とサウナを巡ります

スイデンテラス | 山形県 | 温浴レポートNo.73

やってきました山形県!
宿はサウナーにも人気なスイデンテラス!

受付の2Fへ向かう階段も天井もオシャレ。

ライブラリエリアもオシャレ。

通路から見える田んぼも美しい。さすがお米の町。

お部屋ももちろんオシャレ。
さて、お風呂へ。

 

天色の湯

洗い場はシャワー型。立ち洗いで体を清める。
シャワーエリアに内湯もあるけど、すかさず露天風呂へ。

お湯は鶴岡北京田温泉。個人的感覚だと無味無臭の清らかな温泉。
ナトリウム・カルシウム – 硫酸塩・塩化物温泉。
旅の疲れをぎゅ~っと癒す。

サウナ室は六角系のデザインで統一されたおしゃれなお部屋。
サウナストーブはHARVIA製。
セルフロウリュ出来るのも嬉しい。
低い段からは窓越しで沼地が見える。
景色に癒され、ロウリュ蒸され、熱される素晴らしきサ室。
十分温まり、水風呂へ。

水風呂も六角形。露天風呂エリアになるので、空気も良い。
マックス3人くらいは入れるかな。けっこう冷たい。
それがまた、たまらない...。

休憩はベンチに座るもよし、露天風呂付近に座るもよし。
浴場はホテルと繋がる別館にある。下写真の円形のもの。
沼地に浮く大浴場。
静かな音のなか景色に見とれ、心身ゆっくり休める。

月白の湯

こちらの洗い場は椅子や桶あり。内湯なし。

とてもひらけた露天風呂。浴槽と田んぼ?沼地?が一体化しているよう錯覚する設計で、大きすぎるお風呂に入っている気分。
虫さんはもちろん、すぐ近くにワカサギも歩いている。
お風呂に入りながらワカサギ見れるなんて、素晴らしき施設。

サ室には大きな窓があり、外の沼地が十分に見える設計。
こちらもセルフロウリュ可能。ありがてぇ。

 

帰る前に朝食バイキング。

山形産のお野菜や名物、お米食べ比べなんかも出来る。
とても健康的で美味な朝食。


もちろん、山形観光にも。
美しすぎる丸池様。。

空と水平線が分からない澄み切った海。。

美味ラーメン 龍上海。。

 

じゃあの。山形。

施設情報◆
住所   :   山形県鶴岡市北京田下鳥ノ巣23−1
HP      : スパ — 【公式】スイデンテラス (suiden-terrasse.com)
 
◆近隣施設の温浴レポート◆

 

桜湯 | 静岡県 | 温浴レポートNo.72

久々の静岡!
帰りの新幹線まで時間があり、気になっていた桜湯さんへ。


1882年創業。140年以上の歴史を持つ老舗銭湯。
100歳の番台さんが語るインタビュー記事はこちら。
「桜湯」守る100歳の番台 静岡で終戦直後から切り盛り 庶民の憩い存続「使命」|あなたの静岡新聞 (at-s.com)


レトロ感が漂う下駄箱さん。
ワクワクしながら靴を脱ぎ、脱衣所へ。


入浴料と石鹸とシャンプー、レンタルタオルを購入。
手ぶらで来ても安心です。

お風呂

碧色のイスに"ゆ"文字の黄色カラン。
まずは汗だらけの身体を洗って清める。

浴槽は薬湯。なんの湯だったか忘れちゃった。
温度が本当にちょうどいい。絶妙。長く過ごせる感じ。
お風呂に身を委ねつつ、ポカーんと心も脳も空っぽに。
これぞ究極のリフレッシュやね。回復回復。

お隣のブクブクしている浴槽にも入りたかったがファミリーが楽しんでいたので入らず。家族で入るお風呂もいいねぇ。

サウナについて

サウナ風呂は銭湯とは別。
建物2階に受付がある桜湯サウナ。
入浴料1500円。

 

桜湯さんは静岡浴場組合の組合長でもある。
人気ブログの湯活のススメさんに組合員の名簿がアップされていた。
その情報とネット掲載の閉業情報を加味すると、以下7軒が現在も営業中ことかしら。
誤情報あったらごめんなさい!
浜松:みよし湯、みどり湯
静岡:桜湯、天神湯
富士:玉乃湯、富士見湯
下田:昭和湯

 

帰りは静岡麦酒と桜エビとしらすのちらし寿司で締め。

 

おしまい

施設情報◆
住所   :    静岡県静岡市葵区駒形通3丁目2−1
料金   :    
HP      :
 
◆近隣施設の温浴レポート◆

 

ホテル&リゾーツ長浜 | 滋賀県 | 温浴レポートNo.71

滋賀県ぶらり。宿泊ホテルは長浜リゾートホテル。
長浜城のお隣に建つ。
秀吉と石田三成が出会った地でもある。


商店街には「ありがとう 秀吉さん」の幟も。


ご当地クラフトビールもうまし。
気楽に長濱浪漫ビールで飲み比べ。
長濱浪漫ビールレストラン - 長濱浪漫ビール (romanbeer.com)


ここからホテルのお風呂紹介。

お風呂

内湯には大きな浴槽。
入り口に書いてた薬湯かしら。
水圧で体を気持ちよく癒やす。

外には露天風呂。岩風呂タイプ。
加水なし加温ありの長浜太閤温泉
太閤秀吉公ゆかりの湯だ。

温泉は温度を均一に保つための循環型。
総鉄イオンにより空気に触れると茶褐色に変色するにごり湯。
立地の都合上、天井は完全な筒抜けでないが、外気はしっかり入り、これはこれでよし。
体をしっかり温め大きく深呼吸。

サウナ

サ室は10人以上が入れそうな広い部屋だが、4人制限の記載あり。コロナの影響かしら。
88℃表示だが、湿度があるのか結構熱い。
同じ長浜の琵琶湖湯が116℃の高温だったが、体感はこちらの方がじっくり熱い。
汗をたっぷり流す。

水風呂

水風呂はかなり温め。相当暑い日だったので、季節によるのかも。
これはこれで長く入って楽しむ。
リゾートホテルという事もあり、子供が複数人入ってた珍しい光景。

休憩用の椅子はないので思い思いにくつろぐ。


いいお風呂でした!

 

ホテルは琵琶湖に面しており、大きな湖を一望できる!
ものの、生憎の曇り空...。これはこれで良しか。

 

旅の〆は滋賀発祥のラーメン「来々軒」へ。うましうまし。
ごちそうさまでした。

 

おしまい

施設情報◆
住所   :    滋賀県長浜市神前町5−18
料金   :    490円~
HP      : 温泉・大浴場 |【公式】ホテル&リゾーツ 長浜(ダイワロイヤルホテル) (daiwaresort.jp)
 
◆近隣施設の温浴レポート◆

 

琵琶湖湯 | 滋賀県 | 温浴レポートNo.70

滋賀県ぶらり。
長浜市の琵琶湖湯へ。


長浜駅を降りると黒壁スクエアが広がる。
ちょうどお祭りをしていたのか、出店が多数ありにぎやか。
昔ながらの商店からおしゃれガラス工房まで、落ち着いた楽しい空気。


駅から20分弱あるい先に銭湯がある。

滋賀県公衆浴場業衛生同業組合によると、県下加盟店は18軒。うち3軒は休業中。
びわこ湯は湖北地区で唯一の銭湯。(休業店舗を除く)
参考)滋賀県公衆浴場業生活衛生同業組合

まずはカウンターへ。
初訪問の旨を伝えると、お風呂場には桶しかないと教えてもらう。
入浴料とボディソープ、シャンプーを購入し、入場。

 

お風呂

ロッカーは木札の鍵。
東京だと下駄箱でよく姿を見せるが、更衣室では初めて使うかも🤔

カランは琵琶湖グリーン。裏に手書きマジックで♨マークあり。
お風呂は大きい浴槽が少し熱め。その日は暑すぎて体がヘロヘロ気味だったので、隣の薬湯へ。こちらはブルーなお湯でやや温め。旅の疲れを流す。。

 

サウナ

サ室には先客1名。
室温を見ると116℃。銭湯のサウナではなかなかの高さ。
熱い。でも苦しい熱さではない。汗はダクダク。
お隣さんが退室し、1人になって暫くすると室温が118℃になっていた。
ストーブに水をかけないよう表示あり。故障させると20万円請求とのこと。
ルールは守ろう。絶対。

水風呂

水風呂に18℃との記載あり。
体感はもちっと高いかな。季節によるのかも。
ちゃんと身体を冷やしてくれる。
休憩はカランでのんびりと。

 

更衣室に戻ると演歌が大きな音量で流れていた。お風呂上がりにちょうどいい。
髪を乾かそうとしたらドライヤーがない!
げげ!かなり細かく探したが無い!
受付で聞いたところ貸してくださった。

帰り際には「ありがとうございました!おおきに!」と大きな声をかけていただき退場。
おおきに。久々に聞いた。心も温まるね。

 

◆施設情報◆
住所   :    滋賀県長浜市神前町5−18
料金   :    490円~
 
◆近隣施設の温浴レポート◆

準備中

 

鶴の湯 | 北海道 | 温浴レポートNo.69

所用で北海道 苫小牧市へ!
折角なのでホテル近く銭湯を探索。

行きついた先は「鶴の湯」さん。
昭和36年創業であり、実に60年以上の間、苫小牧の皆さんを温め続けた公衆浴場だ。


カウンターで料金480円をお支払い。
浴室にボディソープやシャンプーの類はないと聞き、使い捨てを合わせて購入。

 

お風呂

まずはカランで体を清める。
桶は安定のケロリン。慣れない北海道でも見慣れた黄色いデザインに安心感を覚える。

浴槽は温度別に複数用意あり。
ちょうどいい温度、熱め、温めに分かれていた。
好みの浴槽に入り、ぐぅ~っと身体を温め身体を回復させる。
半露天風呂エリアもあり。こちらは電気風呂。

 

サウナ

サ室に入ると常連さんらしき方が3名いらっしゃった。
そっと着座。室温は中温な70度。
ストーブに水をかける行為や床を濡らす行為は禁止な旨の表記あり。
「鶴の湯は乾燥が決め手」のようなメッセージもあり、中温ながらカラっとした気持ちいサウナ室。
じっくりじっくり汗を流す。
砂時計の持ち込み禁止の掲示もあり。備付け砂時計が1つあり。

水風呂

水風呂に水温計の記載がないが、気持ち冷たい。
これが北海道がなせる水か。きゅっと身体を冷やす。

休憩スペースはなく、半露天スペースで腰を掛けているお客さんもいた。
私はカランで体を休め、フィニッシュ。

 

ロビーに戻ると、休憩エリアを発見。
お風呂あがりにのんびりテレビを見たり漫画を読んだりできるみたい。



 

◆施設情報◆
住所   :    北海道苫小牧市音羽町1丁目8番11号
料金   :    480円
詳細   : 公衆浴場(銭湯) 鶴の湯 - 「癒す銭湯」ココにあります公衆浴場(銭湯) 鶴の湯
 
◆近隣施設の温浴レポート◆

準備中

 

河辺温泉 梅の湯 | 青梅市 | 温浴レポートNo.68

東京都 青梅市 の梅の湯さん。

青梅の初心者向けトレイルラン大会へ参加し、へろへろな状態で入場。

土日料金980円+レンタルタオル代を支払い、いざ

 

お風呂

お風呂は天然温泉 河辺温泉 だ。
ひのき湯、井桁湯、岩風呂など種類も豊富。
「美肌の湯」との事。この地に紡がれる伝説があるらしい。
お風呂で癒され、いざサウナへ。

 

サウナ

タワー型のサウナ室。ドライサウナ。
室温は80℃台で運動後の自分にはちょうどよいマイルドさ。

水風呂は18℃ほどでこちらもちょうどいい。

露天風呂でイスやベンチあり。休憩できる。
寝転がれるスペースもあり、そちらにゴロン。
瞬く間に心が天に持っていかれた。満足満足。。

スチームサウナもあり、こちらも力が入っている様子。
時間の都合で寄れなかったが、拘りの香りやサウナ用うちわの設置があるみたい。

 

河辺温泉の伝説

浴場に「河辺温泉物語」なる昔話が掲載されていた。
現代ではあり得ない話でも、昔話として聞くと本当にあったのだろうと思ってしまう。
どんな形であっても伝承は語り継がれ続けてほしいね。


おしまい

 

◆施設情報◆
住所   :    東京都 青梅市 河辺町10-8-1 河辺タウンビル
詳細   : 【河辺温泉梅の湯】公式|青梅、御岳山、奥多摩の日帰り温泉。お食事処、ご宴会。 
 
◆近隣施設の温浴レポート◆

 

霧島国際ホテル | 鹿児島県 | 温浴レポートNo.67

鹿児島旅行、続いては霧島市の「霧島国際ホテル」。

夕方に到着し、さっそく大浴場へ。
窓からモクモクな景色が。

大浴場

硫黄が香るかけ流しの天然温泉。湯の花も舞う。
とても気持ちいい。
内湯は大きいお風呂、寝湯、熱めの湯など種類も豊富。
露天風呂は透明な温泉で、こちらも気持ちいい。

 

サウナ

98℃のサウナ室。
珍しい円形のお部屋。
コロナ禍の為か、マット4つが敷かれた4人制限。
BGMはピアノや弦楽器...。
静かに蒸されて熱くなる。

水風呂は25℃。
獅子の口から流れ続けるので表示温度の割に冷える。

休憩スペースあり。
ベンチ1つと椅子があった。
緑の景色がよく、小さな湯けむりも演出となり身体の癒しに。
脱衣所に給水ポッドあり。水分補給を忘れずに。

 

蒸し湯

露天風呂エリアに木の小屋がある。
小屋の床下を温泉が流れ、その湯気が部屋を蒸してくれる。
この技法の蒸し湯は昔からあったんだとか。
扉を開けるとモクモクすぎて前がちゃんと見えない。
粒子が細かく、しっかり蒸される。
部屋を出るとベンチもあり。休憩もできる。

 

別館 露天風呂

次に別館に露天風呂へ。
長い健康ロードを通って向かう。


ゴールが見えない長さ...。

焼酎展示コーナーでわくわく


まだ半分...。


そんなこんなで到着。
内湯にはヒノキ風呂。
そして外には大きな露天風呂。
屋根がなく、だだっぴろい空と緑のもとで天然温泉に浸かる。
これぞ至福やね。

 

以上!ありがとう霧島!!

 

◆施設情報◆
住所   :    鹿児島県 霧島市 牧園町 高千穂 3930番地12
詳細   : 霧島温泉郷「霧島国際ホテル」 (kirishima-kokusai.com)
 
◆近隣施設の温浴レポート◆

 

休暇村指宿 | 鹿児島県 | 温浴レポートNo.66

少し前に鹿児島旅行に行ってまいりました!
初日は空港から指宿市へ。

さっそく薩摩ラーメンを求め、
鹿児島県内で複数店舗を展開する「ざぼんラーメン」に。
やさしく美味しいラーメンで心とお腹を満たす。

 

そして指宿市といえば、池田湖!

池田湖と言えば、未確認生物「イッシー」だ!!わー!!
さっそくイッシーくんに遭遇。

 

2匹ペアのイッシーもいる!

 

巨大なイッシーも!

 

有名漫画家集団が描いたイッシーも!

 

謎のパワースポットも!


そして宿泊の地「休暇村 指宿」へ到着。

 

ここの休暇村の特徴が指宿名物の砂むし風呂
施設内の砂むし温泉「癒砂」は屋根が付いており、天候を気にせず入れる。
専用の衣服に着替えて早速。
砂は思っている以上に重く、しっかり熱い。
15分ほど蒸される。時間制限は無い。
目を瞑ると気持ちが良くて眠りそうに。

 

スマホを近くに置いておくと、スタッフさんが写真を撮ってくれるサービスも。
インスタ映え間違いなし?ありがたい。。

 

砂蒸し風呂後はそのまま専用の出口を通ってお風呂場「知林の湯」へ。
衣服を脱ぎすてシャワーを浴びて、そのままお風呂エリア。

カランがケロリンでびっくり。宿泊施設で初めて見たかも。

お風呂場は特別広い訳ではないが、露天風呂あり。
お湯はもちろん天然温泉。少し塩っけがあるかしらね。
露天エリアには椅子が一脚あり、海を眺めつつ心地よい風に癒されるとても素敵な空間。。

 

晩御飯は半ビュッフェ。
とっても豪華でとっても美味しい。満腹満腹。

 

外に出ると海を眺めながら寛げる足湯もあり!

 

キラキラの海がたまらない。

 

以上!ありがとう指宿!!

 

◆施設情報◆
住所   :    鹿児島県 指宿市 東方 10445
詳細   : 休暇村指宿【公式】《ベストレート保証》 (qkamura.or.jp)
 
◆近隣施設の温浴レポート◆

準備中!

 

ライオンサウナ新橋(レンブラントキャビン&スパ新橋) | 港区 | 温浴レポートNo.65

2月24日にプレオープンした「ライオンサウナ新橋」

初日に早速行ってきました!


ビル入口にスタッフ2人がお出迎え。
すぐに靴を脱ぎ、シューズボックスへ。
この鍵がその後のロッカーや入退場、清算まで担う電子キーとなる。

ワクワクしながらエレベーターで4Fへ。

受付は不要。更衣室前で必要な枚数のタオルを持ち、更衣室へ。。

 

お風呂

更衣室で裸になり、階段を降りた3Fが大浴場。
洗い場で体を清めて浴槽へ。シャワーもある。

40℃の大きなお風呂と、44℃の熱めの2種。

平日17:30頃だったからか、大きな湯舟を独り占め。至福なひと時。
しっかりと水分補給をしてサウナ室へ向かう。給水機もあり。

 

サウナ

更に階段を降りて2Fへ。

まずは「瞑」のサウナ室。
セルフロウリュ可能なメディテーションサウナ。90℃。

暗めなお部屋。途中で同室者がセルフロウリュをしてくださり、身体が更に熱する。
香りも良かった。ただのお水じゃなさそう。

 

もう一つは「獅」のタワーサウナ。
10分毎にオートロウリュあり。

先程の部屋より熱い110℃。
ほぼ常にサウナストーブからシューシューと熱の音。
最大18人は入れる広さ。4段式。
熱さがもう気持ちよすぎて涙が出る。

16時、18時、20時にアウフグースがあり、偶然にも遭遇!
担当はキムラさん。熱がたまらなく、完全にアチアチに!ありがとうございました!

毎時30分にライオンロウリュもあるトカ。そっちもいつか味わいたいね。

 

水風呂と休憩

サウナ室横にシャワーが3機。しっかり汗を流す。
水風呂は2種。「冷」の18℃水風呂と「凍」の6℃水風呂。
好みのままに!

 

休憩は同フロアに多数のベンチや椅子、外気浴もあり。
3Fの大浴場を超えた先にも外気浴スペース。
こちらはインフィニティ椅子が2機。体を任せてぐったり。
新橋の街をBGMに心臓を揺らせながら至福のひと時。。

 

清算は更衣室を出た先の機械で。
最初にコースを選ばなかったので、滞在時間で価格が決まるのかな。

 

と~っても気持ちの良いサウナ施設でした!!
平日90分1780円なので、たまのご褒美にまた行きたい!
正式名は「レンブラントキャビン&スパ新橋」なのかな。
コワーキングスペースやリラックスルームも気になりました。

 

◆施設情報◆
住所   :    東京都 港区 新橋2-15-14 新橋二丁目ビル
営業時間 : 12:00~翌10:00 
料金   : 1780円~
詳細   : 【公式】 レンブラントキャビン&スパ新橋【男性専用】 
 
◆近隣施設の温浴レポート◆

 

堀田湯 | 足立区 | 温浴レポートNo.64

2023年初の銭湯&サウナ。
西新井の堀田湯さんへ。

昨年リニューアルオープンし、SNSやニュース記事で話題になり気になっていた銭湯。
ととのえ親方の監修サウナなんだとか。

日曜昼にランチを食べて向かい、14時半頃に到着。

SNSで幾度と見かけた「ほっ」の暖簾。

いざ目にすると、やはりイイ!

混雑しているのではと不安を抱きつつ店内へ。
サウナも込みの手ぶらセット1300円の券を購入。
受付でロッカーキーとサウナ利用者用のバンドを貰う。
東京銭湯お遍路のスタンプもしっかり貰う。

幸いにもすんなり入れた!

混雑でサウナ利用者が定員オーバー?な時は、「入浴をしながら待ち、空き次第サウナ用バンドをスタッフに渡される」仕組みのよう。

尚、予約は受け付けていない。

いざ!

お風呂

内湯には深い熱湯やぬる湯あり。
地下水かけ流しの27℃のお風呂もあり。

なにより、広々とした露天風呂がたまらない。

サウナ

薬草サウナ。10人ほど入れる広さ。

サウナストーブの上にヤカンがつるされている。

熱すぎないマイルドなサウナ室でとっても心地いい。

でも汗もしっかり出続ける。

時計は見当たらず、体が納得いくまでのんびり蒸される。

安らぎのBGMがよりリラックスへ促す。

 

サウナ室前に2~3人が待つ姿もみたが、
日曜14時半入場では、あまり待ち時間に遭遇せず、快適に過ごせた。

水風呂と休憩

屋外に水風呂。水深160cmの圧倒的深さ。
私はつま先立ちしないとダメ。
17℃のお水が体を包み込む逸品の水風呂だった。

休憩用の椅子も多数あり、気楽にのんびり休まる。

 

サウナへのこだわりが熱い気持ちいい銭湯でした!

 

◆施設情報◆
住所   :    東京都足立区関原3-20-14
営業時間(平日) : 14:00~24:00 ※第2木曜は定休日
営業時間(土日祝): 08:00~24:00
料金   : 500円(サウナ代 男性450円、女性300円)
詳細   : 堀田湯 (4126.tokyo)
 
◆近隣施設の温浴レポート◆